【SPAIA競馬】2020阪神牝馬S 予想

SPAIA

4月10日掲載

https://spaia-keiba.com/news/detail/10133


いつもはUMAJIN競馬サロンにて『世代戦を攻略せよ!クラシックへの道』

https://uma-jin.net/new/salon/salon_list/0/83?dispKind=

を連載しているのですが、時折SPAIAさんでも記事を書かせて頂いています。

その時の掲載です。

私の場合、「本命党なのか穴党なのかよく分からない」予想が多いです。

なぜかというと、◎は「最も勝つ確率が強い馬」につけるからです。「最も強い」では無いのです。

色々なデータを引っ張り出してきて、◎を探していきます。

強くても、このレースにおいてはこちらのほうが上というケースは多々見受けられます。

そして原稿は月曜日までには入稿しますから、前の週の日曜日の段階では予想を終え、

週末の買い目発表となります。

ですので人気馬に印がつくかどうかは分かりません。

蓋を開けてみたら「えっ!?」という事もよくあります。

競馬新聞などで、ポツンと一人だけ印がついているケースがありますよね。

その記者にとって自信が合ってつけているのですが、周りとは見えている景色が違っていたケースです。

私の場合、狙って穴に印をつける事はありませんので、狙い馬がたまたま穴馬になっています。


掲載の記事は、9番人気のブランノワールに◎をうったケースです。

データ上では対抗に推奨したサウンドキアラよりも、上だったので◎たのですが、8着敗戦

自身のポリシー通りに買っていた場合、ダメージは少ないものです。

データ上「買えたのに、人気が無かったから外したら穴が来た」時のダメージは計り知れません。